息子が自転車でコンビニの窓ガラスを割ってしまって大変だった。

konbini_window
昔、私の息子がコンビニの横に自転車を止めようとしてよろけてしまい、自転車ごとコンビニの窓ガラスに倒れてガラスを割ってしまったことがありました。その時には、お騒動をして大変でした。もちろん、大騒動だけでなく割れた窓ガラスを弁償しないといけないので、経済的な被害も大変でした。確か、ガラスが1枚10万円位したと思います。それにガラスを設置する工事費用も数万円かかりました。とくにコンビニやお店というのは、お店の中の商品を道を通る人にも見てもらいたいために、一般家庭の窓ガラスとは違いお店の壁全体が大きな窓ガラスになっている場合がほとんどです。そのために、ガラスの厚みもある程度分厚いガラスがはめられていることが多いのかもしれませんが、自転車ごと倒れてガラスに衝撃が加わるとガラスもひとたまりもないでしょうね。中には子供の不注意だけでなく、大人の方でも買い物用に使うカートをお店の窓ガラスに当ててガラスを割ってしまったという方もいらっしゃるようですね。余談にはなりますが、数年前にはコンビニに重機で突っ込んでATM機を奪い去ったという強盗団がいました。お店をガラス張りにすると、壊れやすいというデメリットもあるので強盗に付け込まれやすいのかもしれませんね。

窓ガラスが割れてしまったら | 習志野のガラス修理屋さん

ところで、最近では車のディーラーも壁全体を窓ガラスにしていることが多いですね。もちろん、その中には新車が展示されているので、防犯の面でも相当分厚いガラスが装着されているのでしょうね。とくに、最近の空き巣は窓ガラスから侵入することが多いので、大きな窓ガラスが装着されている場合には、防犯シートをガラスの内側には貼っておくべきなのかもしれません。ちなみに、防犯シートはペットボトルと同じような材質でできているらしく、例えハンマーでガラスを割ろうとしても内側に貼ってある防犯シート自体は簡単には破れないのだそうですね。