勢い任せに窓ガラスに貼ったステッカー。やっぱり剥がしたい・・・

sticker_window
窓ガラスは透明であればこそ、その価値があるといえます。ですから、ヒビが入ったり、キズがついたり、汚れてしまっている窓ガラスというのは、あまりよくありません。
窓ガラスの掃除は意外と簡単です。窓ガラスについた汚れというのは、たいてい水洗いで落ちてしまうからです。もしも水で流して落ちないような汚れであっても、窓ガラス用のクリーナーなどを使えば、かなり簡単に汚れを落とすことができます。極端な話、窓ガラス専用のクリーナーがなければ、台所用の中性洗剤であってもかまわないのです。

建材(樹脂サッシ)|製品情報|各種研削砥石、関連製品、建材はクレトイシ

しかし、窓ガラスについた汚れのなかで、なかなか落とすことのできないものもあります。それはシールやテープです。
街中を歩いている、お店などでときどき窓ガラスに直接貼られたステッカーを見ることがあります。公共無線LANが使えるスポットを知らせるものであったり、クレジットカードが使えることを示すものであったりしますが、このステッカーはいざ使わなくなったとき、はがすのに苦労するだろうと思ってしまいます。

自分の家の窓ガラスにも、ステッカーやシールを貼ってしまい、剥がすのに苦労した経験はないでしょうか。無理にはがすと跡が残ってしまうため、きれいに剥がし方にはちょっとしたコツが必要になります。
まず、ステッカーやシールの粘着部分に働きかけ、性能を低下させる必要があります。これがうまくいかないと、ステッカーは窓ガラスに付着したまま取れなくなってしまいます。粘着剤の成分を分解して無力化するのは水分、温度、界面活性剤などです。まずはいちばん簡単な、水で濡らすという方法を試しましょう。ポイントはたっぷりと水分を含ませ、乾かないようラップなどで覆うことです。これで30分以上放置すれば、たいていのものは剥がれます。それでもだめなら水に洗剤を含ませるとより効果が上がります。多少なりとも残った部分は、消しゴムや専用のカミソリで落とすと効果的です。