我が家のトイレのガラスが曇りガラスじゃない件

wc_giass
先月、夫の転勤に伴い、住み慣れた街を引っ越す事になりました。それまでは新婚当初からの新築物件だったのですが、次に移り住む場所は築三十年の年季の入ったアパートになったのです。引っ越し先は何度か脚を運んでいたので、間取りや周りの利便性はある程度理解していたのですが・・・、思いもかけず見逃していた事が出てきました。
なんと、おトイレの窓ガラスが型板ガラスではなかったのです。おトイレに入ってみると、お隣の窓が見えてしまうし、お隣からでも覗けてしまう素通し仕様になっていたのです。
私はすぐに夫に相談していました。だって、冗談にもなりません!おトイレってやっぱりプライベートな空間ですし、お隣が覗けてしまうのも問題があると思うのですが、お隣からおトイレが見えてしまうだなんて、気軽に利用なんて出来るわけないじゃないですか!

遮光カーテンを利用する事も考えたのですが、やはりここは不動産屋さんに相談して、大家さんと交渉してガラスを交換してもらう事にしました。
丁度ガラス屋さんもお時間があるという事で、早速来て頂いて大家さん立ち会いの元、ガラスを型板ガラスに交換していただけました。
古い家屋はおトイレやお風呂が型板ガラスではなく普通の透明な素通しガラスが使われている場合が多く、昔は安価という事もあり年代物の建物などでは今も使われているとの事です。

私達は大家さんがいい人だったのもありスムーズに交換して頂けましたが、もし私の文を読んでいる方でお引越しを考えていられる方は、ちゃんとガラスの確認をする事をオススメします。今の当たり前に慣れてしまていた私にはとても衝撃的でした。